業者の選び方

マイナスドライバーキッチンの水漏れの中でも厄介なのがキッチンの床下が水漏れしてしまう場合です。この場合には放っておくとどんどんと水が漏れてしまう可能性がありますので早急に止水栓をしめる必要があります。マイナスドライバーがあれば止水栓は簡単に回すことができますので、まずはそれ以上水が溢れないように処置をしましょう。もしもそれでも水が止まらない場合には元栓から絞めれば解決するはずです。水漏れしてしまう原因は様々ありますのでもしも自分ではっきりと原因がわからない場合には早急にプロの業者に水漏れ修理を依頼すると良いでしょう。

しかしもしも悪質な修理業者に依頼してしまうとどんどん追加料金を取られてしまう可能性もあります。特に業者の案内で修理の費用がいくらか記載されていたとしても大抵の場合はそれが基本的な料金となり後はその場の状況に応じて料金が変わるという意味合いが強いものがほとんどです。そのためまずはしっかりと修理の見積もりを取り明朗会計の業者を探すと良いでしょう。その際に業者の態度やマナーをしっかりと確認し信頼できる業者だと思ったら実際の修理を依頼すると良いでしょう。またできる限り修理実績の多い業者を選ぶことによって、さらに安心して修理を任すことができるはずです。


蛇口の種類を知ろう

キッチン蛇口の劣化により水漏れは非常によくあるケースといえます。プロの業者に依頼する際にも自分で修理を試してみる際にもキッチンの蛇口の種類を知っておくことは大切です。キッチンの蛇口には大きく分けて二つあります。一つはハンドル混合水栓、もう一つはシングルレバー混合水栓です。どちらにしても修理方法は簡単ですが、まずは自分の家の蛇口がどちらのタイプなのかを把握しておきましょう。

シングルレバー混合水栓はレバーひとつで温度調整や開閉ができるタイプのものです。このタイプの蛇口はバルブカートリッジと言う基礎となる部分が破損することによって水漏れが起きてしまうケースがほとんどです。このバルブカートリッジはホームセンターでも販売されていますので自分の蛇口のタイプがわかればそのカートリッジを交換すれば改善されることがほとんどです。

もう一つのハンドル混合水栓とはその名の通り二つのハンドルが付いているタイプの蛇口です。多くの場合古いタイプの住宅で採用されている蛇口のタイプと言えるでしょう。この二つの見分け方は蛇口がいくつ付いているかということを確認するだけでできますので、ホームセンターで部品を交換する際にも参考にできます。ハンドル混合水栓の場合はハンドル部分のパッキンの劣化によることがほとんどなので新品に交換してしまえば治ることがほとんどでしょう。


キッチンの水漏れの修理方法

キッチンは毎日の料理をする上で欠かすことができない大切な場所です。しかしながら老朽化や何かの部品の破損によって水漏れを起こしてしまうこともあります。そのような場合にどのような手順で修理を行えば良いのでしょうか。またどのような場所が水漏れの原因となるのでしょうか。

水道メーターキッチンの水漏れの原因は様々な事柄が考えられます。まずは蛇口の破損です。特に蛇口は10年ほど使っていると寿命がきてしまう可能性もあり、部品を全て入れ替えなければならないこともあります。また手荒に扱ってしまっていたりメンテナンスを怠っていたりすると破損して水漏れの原因となります。またキッチンの下にある止水栓も部品の老化が原因で水漏れを起こす可能性があります。その理由として経年劣化で亀裂が入るということが考えられます。この部分が破損してしまうと大量の水漏れを起こしてしまう可能性もありますので、何か異常を感じたらすぐに修理を検討しなければいけないでしょう。また蛇腹ホースの劣化による水漏れも考えられます。簡単な部品の交換で自分でも修理を行うこともできるかもしれませんが、大抵はプロの業者による修理が必要とされることが多い場所です。水漏れが止まらない時にはまずは水道メーターの止水栓を止めておくことによって必要以上の水漏れが起きないようにしておくことが応急処置としては大切です。もしも自力で修理をする場合にはドライバーや六角棒レンチまたはモンキーレンチといった工具が必要となります。それぞれは100円均一のでも売っている道具となりますのでプロに頼む前にまず自分の試してみることも良いでしょう。